Service 技術力

スタインウェイとH.Matsuoの技術力が出会ってはじめて至高の音色が奏でられます。

いつまでも最良の状態でご愛用頂くために

いつでも、いつまでも、お客さまに最良の状態でご愛用頂くために、
私たちは1953年の創業以来、常にピアノ技術の追求と研鑽に努めて参りました。
調律、保守点検、部分修理、オーバーホールなど、メンテナンスのことなら
豊富な修理実績を持ち、コンサートチューナーの揃った松尾楽器商会へ是非お任せください。

温・湿度管理

ピアノは主に木材、金属、鋳鉄、フェルト、クロス、皮革、樹脂等の素材で構成されています。これらは温度や湿度の変化などに対して影響を受けやすく、音色や演奏に支障を来すことがあり、設置場所の温・湿度を一定に保つことが望まれます。ピアノはいわば繊細な生き物。弊社ではお客さまの立場に立って、ケアに関する適切なアドバイスをいたします。

調律・保守点検

ピアノの各部位は使用頻度に比例して消耗、変化していきます。たとえば弦は、弦自体の伸縮や打弦される衝撃などで音律に狂いが生じ、調律作業が必要になります。またハンマーは、フェルト部分が弦を打つごとに少しずつ変形し硬くなっていきます。このようなさまざまな変化に対応し、美しい音色や演奏性能を維持するためには、調律・整調・整音の作業を総合的に、一日から二日かけてより綿密に行う定期的な整備が不可欠になります。一日の演奏時間などによって条件は異なりますが少なくとも一年に二回の調律と一回の定期点検をお勧めいたします。

本店技術部  電話:03-3539-1720 (受付10:30~17:30/日曜定休) technical_sector@h-matsuo.co.jp
関西技術センター 電話:0798-74-1888(受付 9:30~18:00/日月定休)
kansai@h-matsuo.co.jp