News 新着情報

スタインウェイ・サロン東京主催公演 12月のラインナップ

2019年11月16日

スタインウェイ・サロン東京主催公演 12月のラインナップ

2019年も残りわずかとなりました。来月12月スタインウェイ・サロン東京主催公演のラインナップをご紹介いたします。
まず若い演奏家のためのコンサートシリーズ「レスパース・デュ・ソン=音の空間」を12月19日(木)松尾ホールにて開催いたします。記念すべきVol.10は現在東京音楽大学大学院にて研鑽を積まれ、第38回飯塚国際音楽コンクールピアノ部門第1位の藤村瑛亮さんにご出演いただきます。メンデルスゾーンの心地よい小品からシマノフスキーの大作まで、バラエティーに富んだプログラムを披露されます。

そしてショールームでは昨年も好評を頂いたクリスマスコンサートを今年も開催いたします。12月23日(月)は現在ハンガリー国立リスト・フィレンツェ音楽院に在籍され、国内外問わず既に多数のコンクールで入賞されている田母神夕南さんにご出演いただきます。翌日24日(火)は、弊社でハープ教室講師を務める福島青衣子先生によるハープコンサートを開催いたします。

クリスマスムードに染まる日比谷界隈で、優雅なひとときをお過ごし下さい。

①若い演奏家のためのコンサートシリーズ
「レスパース・デュ・ソン=音の空間」Vol.10
藤村 瑛亮 ピアノリサイタル

日 時 2019年12月19日(木) 19:00開演 松尾ホール
入 場 料 ¥1,000(全席自由)
予 約 松尾楽器商会 0120-004-331
(受付時間 11:00〜18:00 ※水曜定休)

—曲目—

メンデルスゾーン:無言歌集より
「ベニスの舟歌」「狩の歌」

リスト:巡礼の年 第3年より
「エステ荘の噴水」

リスト:3つの演奏会用練習曲より
「ため息」

シマノフスキ:仮面劇 Op.34より
「ドン・ファンのセレナーデ」

シマノフスキ:メトープ Op.29より
「セイレーンの島」「ナウシカー」

リスト:バラード 第2番 ロ短調

藤村 瑛亮

藤村 瑛亮 Eisuke Fujimura

神奈川県出身。第38回飯塚新人音楽コンクールピアノ部門第1位、併せて文部科学大臣賞、朝日新聞社賞、飯塚市長賞、飯塚文化連盟賞受賞。日本ピアノ教育連盟第31回ピアノ・オーディション全国大会にて萩原和子賞〈最優秀賞〉受賞(全国優秀者演奏会出演)。東京国際芸術協会主催コンクールにて、第10回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール、第35回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール、第25回ブルクハルト国際音楽コンクール、第10回ジュラ・キシュ国際ピアノコンクール、計4つ全て第1位を受賞。第21回ヤングアーチストピアノコンクール グランプリ(櫻井賞)。第1回日本イタリア協会MusicArte優秀大賞。第23回おきでんシュガーホール新人演奏会出演。
東京音楽大学器楽専攻(ピアノ演奏家コース)を経て、現在、同大学院音楽研究科鍵盤楽器研究領域1年在籍中。2019年度、同大学院ティーチングアシスタント(ピアノ実技レッスン)。武田真理、浜口奈々の各氏に師事。

②スタインウェイピアノとライオン&ヒーリーハープの響きを
ショールームで楽しむ
〈ショールーム・クリスマスコンサート〉

入場無料
(座席指定 定員30席・要予約)
各回30分

予 約 松尾楽器商会 0120-004-331
(受付時間 11:00〜18:00 ※水曜定休)
※ご予約はお電話にて受付をいたします。
※座席はこちらで指定させて頂きます。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
会 場 松尾楽器商会 スタインウェイサロン東京ショールーム内
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-5-1 日比谷マリンビルB1

■開催スケジュール&出演者

2019年12月23日(月) 開演 ①14:00 / ②19:00
Vol.1 田母神夕南(ピアノ)

Vol.1 田母神夕南

—曲目—

①14:00公演

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第3番 ハ長調 Op.2-3 より第2楽章

バルトーク:「戸外にて」より
第1曲「笛と太鼓」/第4曲「夜の音楽」/第5曲「狩り」

バッハ=ヘス編:主よ、人の望みの喜びよ

リスト:パガニーニによる大練習曲集より第3番「ラ・カンパネラ」

②19:00公演

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第3番 ハ長調 Op.2-3 より第1楽章、第4楽章

ワーグナー=リスト編:イゾルデの愛の死

バッハ=ヘス編:主よ、人の望みの喜びよ

リスト:パガニーニによる大練習曲集より第3番「ラ・カンパネラ」

田母神夕南 yuna Tamogami

千葉県出身。東京音楽大学器楽専攻 ピアノ演奏家コース卒業。同大学院音楽研究科 修士課程修了。
2010年、ASIA International Piano Academy & Festival with Competition in Korea金賞。2015年、第39回ピティナ・ピアノコンペティション特級銅賞。2017年、第6回せんがわピアノオーディション優秀賞。第2回ボルツァーノ ピアノフェスティバル(イタリア)第1位。優勝記念として、ブゾーニ国際ピアノコンクールが行われている歴史と伝統あるミケランジェリホールにてリサイタルを行う。第22回コンセール・マロニエ21 第1位。2018年、第6回シャビア市国際ピアノコンクール(スペイン)第1位。第1回リスト国際音楽コンクール(イタリア)第1位。2019年、キオッジャ市ピアノフェスティバル 2019(イタリア)第1位。第4回ダヌビア・タレンツ国際音楽コンクール(ハンガリー)第1位。
これまでに渡邊一正指揮、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、Walter Ratzek指揮、Philharmonic Wind Orchestra "Claudio Monteverdi "、前田陽一朗指揮、サン=オートム室内オーケストラ、荻町修指揮、栃木県交響楽団と共演。
ヤマハ銀座コンサートサロン、カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」 、東京オペラシティリサイタルホール、せんがわ劇場等でジョイントリサイタルに出演。海外にも活躍の場を広げ、イタリア、スペイン、フィンランド、ハンガリー、韓国等 でも演奏活動を行う。
また、ソロのみならず室内楽にも精力的に取り組み、第12回セシリア国際音楽コンクール 室内楽部門第1位、ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2018第3位受賞他、積極的に活動を展開している。
これまでに、木曽真奈美、播本枝未子、藤代のりこ、秋山徹也、鈴木弘尚、吉田友昭、土田英介、海瀬京子、西巻正史、島田彩乃、赤松林太郎の各氏に師事。現在、ハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽院に在籍中。バール・ダーヴィド氏に師事。
公式ホームページ:https://www.yunatamogami.com/

2019年12月24日(火) 開演 14:00
Vol.2 福島青衣子(ハープ)

Vol.2 福島青衣子

—曲目—

トゥルニエ:「6つのノエル」より

グランジャニー:コロラド・トレイル

パッヘルベル:カノン

福島青衣子 Seiko Fukushima

10歳よりハープを吉野篤子氏に師事。1999年フランス・リヨン国立高等音楽院に入学し、ファブリス・ピエール氏に師事。2003年同音楽院を首席で卒業。同大学院在学中は即興演奏のグループや現代曲のアンサンブル「L'Atelier du XXeme」に所属し、ハープやパーカッション、コラ(アフリカの伝統楽器)、歌からなるグループKHAPSを結成しフランス各地で演奏。2001年パリ・シャルパンティエ・コンクールでルーセル賞受賞、2002年マドリッド・ルドヴィコ国際ハープコンクール第3位受賞。
2004年アフリカのガボンで開催された「国際弦楽器フェスティヴァル」、フィンランドの「クフモ室内楽フェスティヴァル」に参加。2005年リヨン国立高等音楽院大学院卒業。リヨン、東京にてリサイタルを開催。セネガルのアベネ音楽祭に参加。2006、2007年サイトウキネン・オーケストラに参加。2007年NHK-FM「名曲リサイタル」に出演。スウェーデン、ポーランドでリサイタルを開催。2010年「アンサンブル・カップス」のメンバーとして国内ツアーを行う。現在、日本、フランスでソロ、室内楽、オーケストラなど活動を行うほか、公共ホール音楽活性化支援事業登録アーティストとして、地域に密着したコンサート、アウトリーチなど幅広い演奏活動を行っている。