News 新着情報

スタインウェイ・サロン東京 ショールームクリスマスコンサート開催!

2018年11月15日

スタインウェイ・サロン東京 ショールームクリスマスコンサート開催!

12月10日(月)〜12月25日(火)の間、スタインウェイ・サロン東京ショールームにてクリスマスコンサートを開催いたします。

今回はスタインウェイピアノはもちろんのこと、弊社が総代理店であるライオン&ヒーリー社製のグランドハープのコンサートもあり、全回でクリスマスの曲を演奏予定です。
おとなりの「東京ミッドタウン日比谷」をはじめ、丸の内仲通りのイルミネーションなど、クリスマス色に華やぐ日比谷界隈で、優雅なひとときをお過ごし下さい。

■ショールームコンサート 公演概要

入場無料(座席指定 定員20席・要予約)各回30分

予 約 松尾楽器商会 0120-004-331 (受付時間 11:00〜18:00 ※水曜定休)
※ご予約はお電話にて受付をいたします。
※一公演お一人につき二名様まで。
※座席数に限りがあるため、お一人様二公演までとさせていただきます。
※座席はこちらで指定させて頂きます。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
会 場 松尾楽器商会 スタインウェイサロン東京ショールーム内
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-5-1 日比谷マリンビルB1

■開催スケジュール&出演ピアニスト

2018年12月10日(月)13:00〜13:30
Vol.1 坂本 彩

Vol.1 坂本 彩

—プログラム—
クララ・シューマン:3つのロマンスop.21より 第1番 ト短調
クララ・シューマン:ロベルト・シューマンの主題による変奏曲 op.20
クララ・シューマン:ピアノ・ソナタ ト短調より 第1楽章、第4楽章
チャイコフスキー:花のワルツ(連弾:坂本 リサ)

坂本 彩 Aya Sakamoto

福岡県出身。4歳よりピアノを始める。桐朋学園大学音楽学部を経て、現在東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程ピアノ科3年に在籍。
第63回全日本学生音楽コンクール高校の部北九州大会第1位、全国大会第2位。第60回西日本国際音楽コンクールにおいて末永賞(グランプリ)。第11回ルーマニア国際音楽コンクールピアノ部門最高位。2013年新進演奏家育成プロジェクトオーケストラ・シリーズにて九州交響楽団と共演。カードゥッチ弦楽四重奏団、ダンテ弦楽四重奏団など、室内楽の共演も多数。2013〜2015年ザルツブルク夏期国際音楽アカデミーにて、アカデミーコンサートに選抜され出演。日本財団ランチタイムコンサート、松尾楽器商会主催"レスパース・デュ・ソン"、桐朋学園大学内の選抜演奏会、ピアノ専攻卒業演奏会などに出演。また、妹・リサと"Piano duo Sakamoto"を結成。第20回国際ピアノデュオコンクール第2位及びスタインウェイ賞受賞。NY・カーネギーホールでの演奏や、東京文化会館小ホールでのリサイタルなど、各地で積極的に活動している。
これまでに、ピアノを田中美江、横山幸雄、三上桂子、草冬香、伊藤恵の各氏、ピアノデュオを加藤真一郎氏に師事。

2018年12月11日(火)15:00〜15:30
Vol.2 神谷 朝子

Vol.2 神谷 朝子

—プログラム—
・ドビュッシー:アラベスク 第1番
・ブリテン:「キャロルの祭典」op.28より 間奏曲
・ヘンデル:シャコンヌ
・クリスマスメドレー他

神谷 朝子 Asako Kamiya

神戸女学院音楽部ハープ科卒業、同研究科修了。ニース国際アカデミーにてマリー=クレール・ジャメ氏に師事。第7回日本ハープコンクールプロフェッショナル部門入選、第8回日本ハープコンクールデュオ部門二位入賞、第3回ハープ音楽賞コンクール優勝。オーケストラのソリストとして、仙台フィルハーモニー管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演。これまで摩寿意英子、山畑るに絵の各氏に師事。現在、ソロコンサート、フルートとのデュオコンサートを各地にて展開している。また全国各地のオーケストラにて活動している。(株)松尾楽器商会ハープ教室講師。

2018年12月14日(金)13:00〜13:30
Vol.3 北村 明子

Vol.3 北村 明子

—プログラム—
リスト:歌の本 第2巻より
1.おお、私が眠るとき
2.「どうやって」彼らは言った
3.君よ、もし私が王なら
4.もし素敵な芝生があるなら
5.墓と薔薇

リスト:クリスマスの歌
リスト:愛の夢(全曲)
1.崇高な愛
2.私は死んだ(至福の死)
3.おお、愛せる限り愛せよ!

北村 明子 Akiko Kitamura

東京音楽大学卒業後、東京藝術大学大学院音楽研究科ピアノ専攻修了。ダーティントン夏期大学(イギリス)マスタークラスを受講し、演奏会に出演。様々なコンクール、オーディションで最優秀賞等を受賞。ソロリサイタルのほか、歌曲伴奏、室内楽などで演奏活動を行う。堀江孝子、クラウス・シルデ、辛島輝治、渡辺健二の諸氏らに師事。聖徳大学兼任講師および埼玉県立大学非常勤講師を経て、現在、東京藝術大学大学院音楽研究科博士後期課程ピアノ専攻にてリストの自作歌曲ピアノ編曲作品における演奏解釈を研究している。越谷市教育委員。

2018年12月20日(木)13:00〜13:30
Vol.4 三原 未紗子

Vol.4 三原 未紗子

—プログラム—
シューマン=リスト:献呈
チャイコフスキー:四季 op.37aより
11月「トロイカ」
12月「クリスマス」

ブラームス:6つの小品 op.118より
第1曲 イ短調
第2曲 イ長調

ショパン:バラード第3番 変イ長調 op.47
グルーバー:きよしこの夜

三原 未紗子 Misako Mihara

桐朋学園大学音楽学部、同研究科を修了。ベルリン芸術大学を最高位で卒業後、平成29年度文化庁芸術家在外派遣研修員としてザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学大学院を首席卒業し、2018年完全帰国。これまでにジャック・ルヴィエ、ズラータ・チョチエヴァ、二宮裕子、小森谷泉、土肥由美子、山本光世の各氏に師事。
第24回ABC新人コンサート・オーディション最優秀音楽賞を受賞。第62回マリア・カナルス国際コンクールにて審査員よりメダルを受賞。第12回ルーマニア国際コンクールピアノ部門第1位、併せて日本ルーマニア音楽協会理事会賞を受賞。第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクールセミファイナリスト、審査新特別賞を受賞。第5回アルコバッサ国際室内楽コンクールにて第2位最高位、併せてポルトガル作品最優秀演奏賞を受賞する。第7回せんがわピアノオーディション最優秀賞。
文化庁/日本演奏連盟主催新進演奏家育成プロジェクト・リサイタルシリーズTOKYO61に選出され東京文化会館にてリサイタルの他、日本ショパン協会パウゼシリーズ等でリサイタルを行う。アルコバッサ国際音楽祭2018、マコン夏の音楽祭、エクサンプロヴァンス・ピアニストたちの夕べ、在ドイツ日本国大使館にてリサイタルの他、ヨーロッパ各国にて演奏。日本センチュリー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、藤沢市民交響楽団と共演。

2018年12月22日(土)19:00〜19:30
Vol.5 江崎 萌子

vol.5 江崎 萌子

—プログラム—
シベリウス:5つの小品 作品75より
第5番「もみの木」
メンデルスゾーン:無言歌集 作品67より
第2番「失われた幻影」 第3番「巡礼の歌」
ショパン:バラード 第4番 ヘ短調 op.52
ベートーヴェン:バカテル op.126より
第1番、第2番、第4番、第6番

ヘンデル:シャコンヌ ト長調 HWV435
※本人の希望により曲目が変更となりました

江崎 萌子 Moeko Ezaki

桐朋女子高等学校音楽科首席卒業後、渡仏。パリスコラ・カントルム音楽院、パリ国立高等音楽院にてテオドール・パラスキヴェスコ、フランク・ブラレイ、上田晴子の各氏に師事する。現在ライプツィヒ演劇音楽大学演奏家課程にてゲラルド・ファウト氏に師事。またイヴリー・ギトリス、メナヘム・プレスラー、マリア・ジョアン・ピレシュ各氏の薫陶を受ける。シャネル・ピグマリオン・デイズ2018アーティスト。第2回桐朋ピアノ・コンペティション第1位、第80回日本音楽コンクールピアノ部門入選、2017年第26回エピナル国際ピアノコンクール(フランス)第4位、併せてオーケストラ賞、現代曲賞を受賞。 パリフィルハーモニーホールにてパリ管弦楽団プレリュードコンサートのソリストを務めたほか、これまでに日本、フランス、ベルギー、ドイツ、オーストリア、イタリア、パキスタンにおいて演奏する。 室内楽にも積極的に取り組み、ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクールにおいて第2位受賞、ラヴェルが晩年を過ごした地モンフォール・ラモリでの音楽祭等に出演。2016年にはヴァイオリニスト、クリストフ・エーレンフェルナーに招かれアルバン・ベルク四重奏団のチェリストであるヴァレンティン・エルベンとウィーンにて共演している。

2018年12月25日(火)19:00〜19:30
Vol.6 見崎 清水

Vol.6 見崎 清水

—プログラム—
チャイコフスキー:四季 op.37bisより
12月「クリスマス」
ラヴェル:クープランの墓 より
1.プレリュード
4.リゴドン
5.メヌエット
6.トッカータ

メシアン:幼子イエスに注ぐ20のまなざし より
ⅩⅠ.聖母の最初の聖体拝受

見崎 清水 Kiyomi Misaki

ピアノを中井正子氏に、ソルフェージュと和声を小鍛冶邦隆氏に師事。
桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部ピアノ科を経て、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻(ピアノ)修了。修了時に藝大クラヴィーア賞を受賞。
第15回彩の国・埼玉ピアノコンクールE部門金賞、県知事賞。第7回現代音楽演奏コンクール“競楽Ⅶ”第3位(日本現代音楽協会主催)。第6回かずさアカデミア音楽コンクール第3位。第6回安川加壽子記念コンクール第2位、特別賞。第17回日本演奏家コンクール一般Aの部第1位、横浜市長賞他。明治安田クオリティオブライフ文化財団「音楽学生奨学金」奨学生。
2008年以降山下一史指揮・ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉や、小鍛冶邦隆指揮・東京ニューシティ管弦楽団と、シューマンのピアノ協奏曲やチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を演奏。彩の国・埼玉新人演奏会、カワイ表参道主催「イヴのモーツァルト・ピアノソナタ全曲演奏会」、第9回安川加壽子記念演奏会等に出演。
2016~17年度東京藝術大学音楽学部ソルフェージュ科非常勤講師。現在、同大学音楽学部作曲科教育研究助手。