News 新着情報

秋のショールームコンサートを開催!(スタインウェイジャパン設立20周年特別記念モデル使用 )

2017年10月18日

秋のショールームコンサートを開催!(スタインウェイジャパン設立20周年特別記念モデル使用 )

スタインウェイ&サンズ社が140年前に製造したB-211モデル「パーラー・グランド」ピアノのデザインをベースに、日本限定で製作された特別記念モデルを11月11日(土)より日比谷・松尾楽器商会ショールームにて特別展示いたします。また展示に伴い、計12回のミニコンサートを開催。スタインウェイに囲まれた中での優雅なひとときをお過ごし下さい。

秋のショールームコンサートで使用される特別記念モデルについて

展示期間:2017年11月12日(日)~11月30日(木)
平日 11:00~20:00/土日祝 11:00~19:00 ※水曜定休

今回展示するモデルはスタインウェイ社が約140年前に製造した『パーラー・グランド』ピアノのデザインをベースにつくられた世界限定1台のピアノです。スタインウェイ・ジャパン設立20周年を記念し今回日本のために製造されました。
美しい半艶塗装で仕上がったマホガニーの外装は、弾き手だけでなく見る側にも深い印象を与えます。
また脚部や譜面台は細部にわたり美しく彫刻が施され、高度な職人技を感じとることが出来ます。響板には、スタインウェイ工場があるニューヨークとハンブルク、そして当時ヨーロッパの販売拠点があったロンドン、ベルリン、さらにはスタインウェイピアノを購入したヨーロッパ各国王家の紋章が描かれています。これは当時からスタインウェイピアノが多くの人々から愛されてきた証です。
『パーラー・グランド』ピアノが販売されていた時代、スタインウェイ社は革新的なピアノの技術改良をもって世界有数のピアノメーカーへと発展を遂げていきました。往時の華やかな時代を現在に伝えるこの特別なピアノが、このたび松尾楽器商会のショールームにお目見え致します。

展示期間中、この特別モデルを使用して全12回・各回30分のコンサートを実現する運びとなりました。多方面で活躍する多彩な顔ぶれ12組の出演が決定!スタインウェイに囲まれた中で、どうぞ優雅なひとときをお過ごしください。ご来場をお待ちしております。

■ショールームコンサート 公演概要

入場無料(座席指定 定員20席・要予約)各回30分

予 約 松尾楽器商会 0120-004-331 (受付時間 11:00~18:00 ※水曜定休)
※ご予約はお電話にて受付をいたします。
※お一人様につき2名まで。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
会 場 松尾楽器商会 スタインウェイサロン東京ショールーム内
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-5-1 日比谷マリンビルB1

■開催スケジュール&出演ピアニスト

2017年11月12日(日)12:00~12:30
Vol.1 平井 李枝

◎プログラム
グラナドス:スペイン舞曲集より「アンダルーサ」
グラナドス:演奏会用アレグロ
平井 康三郎:幻想曲さくらさくら 他

ピアニスト、音楽博士。東京芸術大学ピアノ科卒業後、国内外でピアニスト・ソプラノ歌手・作曲家として演奏活動「Dr.りえのおしゃれなクラシック」を行っている。2010年グラナドスの研究により博士号取得。2011年スペイン・カタロニア国立図書館より栄誉賞受賞。翌年内閣府国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」に選出され「Japan.Dr.Rie, The Graceful Muse」の称号を得る。全音楽譜よりグラナドス、ファリャ、ラフマニノフのピアノ楽譜を編纂校訂し出版。宇都宮大学教育学部専任講師。

平井李枝 公式ホームページはこちら

2017年11月13日(月)19:00~19:30
Vol.2 森岡 美奈子 ※定員に達したため受付を終了致しました。

◎プログラム
ショパン:プレリュード op.28より 第15番「雨だれ」
ショパン:ノクターン 第2番 変ホ長調 op.9-2
Alan Menken:パート オブ ユア ワールド(リトル・マーメイドより) 他

幼少期の夢が「ピアノを教えること」で中学時代に音大進学の意志を固める。国立音楽大学ピアノ科を卒業後、ヤマハ音楽教室講師を経て音楽教室主宰。現在ピアノ指導を行う傍ら、演奏活動を行う。伴奏ピアニスト、オリジナルソングのアレンジや作曲等、クラシックピアノ以外の活動も多数。ヤマハの指導グレード、ピアノ演奏グレードの指導、ピアノ講師養成にも力を注ぐ。

ラリックデザインによるスタインウェイ特別モデル “Heliconia(ヘリコニア)”を所有。

2017年11月14日(火)12:00~12:30
Vol.3 須関 裕子

◎プログラム
シューマン=リスト:献呈
ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 op.60 他

桐朋学園大学音楽学部卒業、同研究科を首席修了。16歳でチェルニー=ステファンスカ国際ピアノコンクール第1位、ポーランド各地でリサイタル。園田高弘賞ピアノコンクール第3位。宝塚ベガ音楽コンクール第1位。国際室内楽アカデミー(ドイツ)グランプリ受賞。国内外の音楽家からの信望も厚く、チェリストの堤剛氏をはじめ多くの演奏家のリサイタルやCD等で共演。桐朋女子高等学校・桐朋学園大学非常勤講師(ナンバリズミック)

須関裕子 公式ブログはこちら

2017年11月16日(木) 19:00~19:30
Vol.4 桐榮 哲也

◎プログラム
リスト:愛の夢 第3番 ドビュッシー:12の練習曲より 第4番「6度のために」
※本人の希望により曲目が変更となりました。
ラフマニノフ:楽興の時 op.16(全曲) 他

桐朋学園大学を経て、ベルリン芸術大学卒業。卒業後パリに移住。パリ・エコールノルマル音楽院にて高等演奏課程のディプロムを審査員の満場一致で取得後、同音楽院コンサーティスト高等ディプロム課程にて研鑽を積む。サミック・ベヒシュタインコンクール(ドイツ)ファイナリストディプロマ、ナレンチュフインターナショナルフェスティヴァルコンクール3位(ポーランド)、アグロポリ国際ピアノコンクール4位(イタリア)等国内外のコンクールで入賞。
作品本来の姿に堅実な演奏姿勢が評価されており、実力勝負のピアニストして注目を浴びている。東京文化会館小ホールを始め国内主要ホールにてソロリサイタル多数。ルーマニア国立ディヌリパッティ交響楽団、ワルシャワストリングカルテット(ワルシャワフィルハーモニーメンバー)等と協演。室内楽奏者としても共演者からの支持は厚い。桐朋学園大学、ベルリン芸術大学、パリ・エコールノルマル音楽院にて研鑽を積む。2018年11月にオクタヴィア・レコードよりデビューCDを発売。

桐榮哲也 公式ホームページはこちら

2017年11月20日(月)12:00~12:30
Vol.5 森本 理奈・森本 加奈

◎プログラム
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集より(連弾)
シベリウス:10の小品op.24より 第9番「ロマンス」(ソロ)
カスキ:前奏曲 ロ短調 op.48-1「激流」(ソロ) 他

森本理奈:武蔵野音楽大学ピアノ専攻卒業。東京コンセルヴァトワール尚美ディプロマコース修了。全日本ベストプレイヤーズコンテスト入選。国際芸術連盟新人オーディション合格。世田谷区合唱連盟主宰合唱団ラディアータ、メンネルコールけやきピアニスト。とうじょう音楽教室ピアノ講師。

森本加奈:武蔵野音楽大学ピアノ専攻卒業。同大学院修了。家永ピアノオーディション合格。コンクールに於いて入賞多数。国際芸術連盟主催ソロリサイタルを開催。貞静学園短期大学及び高等学校非常勤講師。 千代田レディースアンサンブル(女声合唱)ピアニストとしてアメリカ、リトアニアでの演奏会に出演。  

2人の初めてのデュオは、大学祭の学生コンサートの出演。その後はデュオ活動も開始し、数々のコンサートに出演。2001年、2009年、2012年国際芸術連盟主催ピアノデュオリサイタルを行う。

2017年11月21日(火)12:00~12:30
Vol.6 リード 希亜奈

◎プログラム
マルチェッロ=バッハ:オーボエ協奏曲 ニ短調より アダージョ
ハイドン:ピアノ・ソナタ ヘ長調 Hob.XVI/23 他

1995年滋賀県生まれ。 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。在学中にアリアドネ・ムジカ賞受賞。卒業時に同声会賞、アカンサス音楽賞、安宅賞、大賀典雄賞を受賞。 第15回アントニオ・ナポリターノ国際ピアノコンクール第3位。 2015年度ヤマハ音楽奨学生。現在、岡原慎也、黒田亜樹、有森博、パスクァーレ・イアンノーネの各氏に師事。イタリアにて研修を積む。

リード希亜奈 公式Twitterはこちら

2017年11月24日(金)12:00~12:30
Vol.7 務川 慧悟

◎プログラム
シューマン:花の歌 変ニ長調 op.19
チャイコフスキー=プレトニョフ:組曲「くるみ割り人形」より 他

1993年生まれ。東京藝術大学を経て、パリ国立高等音楽院に在籍。第81回日本音楽コンクール第1位。エピナル国際ピアノコンクール第2位。コープ・ミュージック・アワード国際コンクール第1位。2017年シャネル・ピグマリオン・デイズのアーティストに選出され「ラヴェルピアノ作品全曲演奏」をメインテーマに6回のリサイタルを開催中。現在、フランク・ブラレイ、上田晴子、横山幸雄の各氏に師事。2017年度江副記念財団奨学生。

務川慧悟 公式Twitterはこちら

2017年11月25日(土)12:00~12:30
Vol.8 伊藤 ゆり

◎プログラム
スカルラッティ:ソナタ ホ長調 L.23
ショパン:ノクターン 第20番 嬰ハ短調(遺作) 他

第5回日本演奏家コンクール第1位、第11回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAアジア大会銅賞、第38回フィナーレリーグレ”パルマドーロ”国際コンクール(於イタリア)第1位、併せて課題曲のヴェッキアート賞受賞。聖ジョバンニ・バチスタ大聖堂コンサートに出演。第4回大阪中央ロータリークラブ 創立30周年記念音楽コンクール グランプリ受賞、同記念式典に於いてオーケストラと共演し、好評を博す。第3回秋吉台音楽コンクール室内楽部門入賞。第38回アプリコお昼のピアノコンサートに出演。
東京藝術大学音楽学部附属音楽学校、東京藝術大学を経て、同大学院修士課程修了。

2017年11月27日(月)19:00~19:30
Vol.9 鶴岡 智優・鶴岡 三佳子

◎プログラム
ショパン:スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 op.39 (ソロ)
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ (ソロ)
ドヴォルザーク:ボヘミヤの森 op.68より「糸紡ぎ」(連弾) 他

鶴岡 智優:2016年大阪国際コンクールヴィルトゥオーゾ部門全国大会入選、同年ショパン国際ピアノコンクール inAsia 大学生部門、およびコンチェルトB部門で全国大会入選。2017年PTNAピアノコンペティションでは、連弾上級部門において全国大会ベスト8入賞を果たす。

鶴岡 三佳子:本業の傍らピアノに親しみ、ショパン国際ピアノコンクール inAsia アマチュアソロ部門、およびアマチュアコンチェルトA部門アジア大会銀賞。PTNAピアノコンペティションでは2007年、2008年のグランミューズB2カテゴリー、2011年連弾部門において全国大会入選。

親子ピアノデュオとして国内外のコンクール出場や演奏活動を積極的に行う。2016年大阪国際コンクールデュオ部門全国大会第3位(1,2位なし)入賞他多数。ポーランドコンチェルト&レッスン研修ツアー、ショパン国際マスタークラスなどにも参加している。共に壁谷文男先生、石毛智実先生に師事。

2017年11月28日(火) 19:00~19:30
Vol.10 纐纈 健太 ※定員に達したため受付を終了致しました。

◎プログラム
シューマン:子供の情景 op.15より“トロイメライ”
ショパン:ポロネース第6番 変イ長調 op.53“英雄” 他

東邦音楽大学附属東邦高等学校を経て東邦音楽大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻演奏家コース首席卒業。高校および大学卒業時に三室戸為光記念奨励賞を受賞。一般社団法人日本ピアノ調律師協会関東支部主催第17回新人演奏会、読売新聞社主催第86回新人演奏会に出演。在学中、定期演奏会、卒業代表演奏会など数々の演奏会に出演。2007年スポーツドクター辻秀一氏主催「音を楽しむ集い」に出演。2013年ワルシャワ・ショパン音楽大学春季ピアノセミナーを受講しディプロム取得。セミナー修了演奏会メンバーに選出され高い評価を得る。また、ヨーロッパ・ピアノ協会のマスターコースを受講しディプロム取得。同年B.ハンゲン氏指揮によるちちぶ国際音楽祭協奏曲オーケストラおよび東邦音楽大学第8回トライアルコンサートにおいて、東邦音楽大学管弦楽団とL.v.ベートーヴェン作曲ピアノ協奏曲第5番「皇帝」を演奏。同年11月ヤマハ銀座サロンコンサートに出演。2014年1月NPO法人美濃加茂国際交流会主催「2014ニューイヤーコンサート」に出演しソロ演奏およびリード歌手N.グラント氏、S.グラント氏と共演。同年5月アーティスト流郷由紀子氏のアトリエ「メープルヒルズ」にてミニコンサートに出演。同年12月ヤマハ銀座コンサートサロンにてオールショパンプログラムでデビューリサイタルを開催。2015年6月ウェスタ川越大ホール開館記念事業スタインウェイピアノ開きに出演。同年11月ヤマハ銀座コンサートサロンにて幻想をテーマにピアノリサイタル~Fantasie~を開催。これまでに、中島裕紀、A.v.ツァブナー、K.ゲルジョド、M.ヒューズ、G.ゲルトシュレーガー、S.アーノルド各氏に師事。声楽を片岡啓子氏に師事。現在Piano Salon おんぷ、akari piano lesson studio.にて後進の指導に当たる一方、演奏活動も積極的に行なっている。

2017年11月30日(木)12:00~12:30
Vol.11 井上 千本

◎プログラム
スカルラッティー:ソナタ L.23 ホ長調
ショパン:練習曲 op.25より第1番 変イ長調“エオリアンハープ”
ドビュッシー:喜びの島 他

東京藝大附属高校を経て、東京藝大ピアノ科卒業。東京藝術大学音楽学部非常勤講師、東京藝大大学院伴奏助手を歴任。ジュリアード音楽院ジェイコブ・ラタイナ教授の薫陶を受け、これまでに田中郁子、野呂愛子、谷康子、岩崎淑、園田高弘の各氏に師事。オーストリアで研鑽を積み、イエルク・デームス氏に師事。P.ショイモシュ、S.ドレンスキー、J.パネンカ、M.キャーニン、K.シルデ、R.ケラー諸氏のインターナショナル・マスタークラスでも研鑽を積む。ドヴォルキン、ヴィンチェンツォ・バルツァーニ各氏の 薫陶も受ける。チャイコフスキー音楽院(伊)ディプロマ、Piano Talent ディプロマ取得。ザルツブルク音楽祭、フランス国営放送、イタリア国際音楽祭などヨーロッパ各地で演奏活動を行う。カヴァ・ディ・ティレーニ国際ピアノコンクール入選、山梨県芸術祭優秀賞、TBS子供音楽コンクール独奏の部東日本最優秀賞。NHK・FM放送、民放放送出演、NHK総合テレビ、ハイビジョンスペシャルへの協力。日本女子大学、立教大学でも指導を行なってきた。2010、2012、2014年東京芸術センター記念ピアノコンクール、2015年日本ピアノコンクール審査員。後進の育成。デビュー以来、東京フィルハーモニー交響楽団、NHK交響楽団、東京シティーフィルハーモニック管弦楽団、東京交響楽団メンバーとの室内楽、オーケストラとの協演、声楽の伴奏、リサイタル等演奏活動を行っている。

2017年11月30日(木)19:00~19:30
Vol.12 梅田 智也

◎プログラム
ショパン:夜想曲 第20番 嬰ハ短調(遺作)
ワーグナー=リスト編:イゾルデの愛の死 S.447 他

岐阜県出身。これまでに奥村真、杉浦日出夫、西川秀人、長谷正一、赤松林太郎、東誠三の各氏に師事。東京藝術大学を卒業後、同大学院修士課程首席修了。修了時にクロイツァー賞、大学院アカンサス賞、藝大クラヴィーア大賞受賞。第12回東京音楽コンクールピアノ部門 第1位及び聴衆賞受賞。トレヴィーゾ国際ピアノ・コンクール(イタリア)第1位。小林研一郎、広上淳一、円光寺雅彦、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団など著名な指揮者、主要なオーケストラと共演。2015-16年度ロータリー財団奨学生としてウィーン国立音楽大学Postgraduate Courseに在籍し、M.ヒューズに師事。

梅田智也 公式Twitter